玉簾の滝のワンコインガイド 2018

新着情報.

玉簾の滝のワンコインガイド 2018年5月4日

ジオパークとは、ジオ(地球)に関するさまざまな自然遺産、たとえば地層、岩石、地形、火山、断層などをふくむ自然豊かな「公園」を指す。ユネスコ世界ジオパークに認定されているのが、ヨーロッパと中国を中心とした120地域で、日本では2016年3月現在、洞爺湖有珠山、糸魚川、山陰海岸、島原半島、室戸、隠岐、アポイ岳の8カ所が認定されている。
その8カ所を含む日本のジオパークは、2017年9月現在43地域で、鳥海山・飛島は2016年9月に認定された。酒田エリアでは玉簾の滝、鶴間池、イヌワシが、飛島エリアでは烏帽子群島、コトロ浜、トビシマカンゾウ、遊佐エリアでは三崎海岸、釜磯湧水、牛渡川・丸池様、遊佐元町湧水群、胴腹滝、鳥海山山頂が指定されているが、ジオパークの楽しさを伝えるとともに、貴重な宝である大地を守り、学び、教え、地域を元気にするために結成されたのが、「鳥海山飛島ジオパークガイドの会」。
2017年9月に立ち上がったこの会が、今年のゴールデンウイークに企画したのが、報道ステーションで放映され、一気に全国的になったライトアップされた「玉簾の滝」を案内するワンコインガイド。升田地区にある玉簾の滝は、県内一の落差63mを誇る名瀑。日本がかつて海底にあったときに海底火山の噴火によってできた玄武岩の柱状節理が顔を出している。また駐車場から滝までの遊歩道は、道の途中から滝の浸食でできたもので、大地の悠久の歴史を感じることができる。
5月4日18時から受付し、18時30分からガイドを順次実施。現地集合、現地解散。参加費用は1組(1〜5名)ワンコインの500円で、問い合わせや申し込みなどは次のとおり。

撮影・池田久浩



 
■主催:鳥海山飛島ジオパークガイドの会公認ジオガイド
(当日の実施状況の確認先:080-9636-3716)
実施日:2018年 5月4日(金)
受付(集合):当日18時から玉簾の滝駐車場
問合先:鳥海山飛島ジオパーク協議会事務局
〒018-0192 秋田県にかほ市象潟町字浜ノ田1
電話:0184-62-9777 ファックス:0184-62-9788
email:info@chokaitobishima.com
(ふれあい酒田会員には4月下旬、会員証などとともに玉簾の滝ワンコインガイドの案内チラシや申込書を発送予定です)