第22回アルバム2019

カテゴリー: 総会・懇親会.

第22回アルバム 2019

ふれあい酒田の総会・懇親会と北区との交流イベント「ふれあい酒田DAY」が、2019年12月1日日曜日、北区の北とぴあで開催されました。

☆ふれあい酒田DAY

北とぴあの1階広場で10時から開かれた「ふれあい酒田DAY」では、酒田の食材だけで調理したいも煮100食が無料提供され、広場には長い列ができました。
10時半からの「庄内クイズ大会」には地元の幼児からご年配までが参加し、賞品として酒田の産物が購入できる15,000円相当の買い物券が提供されました。広場には、酒田うめもの会、酒田観光物産協会、JA庄内みどり、それに酒屋さんが、ねぎ、野菜、新米、酒などの庄内の特産物を販売し、北区民、庄内出身者、それに買い物券をゲットしたお子様たちなどがご家族といっしょに買い物を楽しんでいました。
その後、広場のステージではイベントが催され、ダンス、歌、パフォーマンスなどがくり広げられました。
○11:10~11:30 南京玉すだれ
○11:30~11:50 舞踊集団飛鳥さくら座
○11:50~12:10 王子兄弟
○12:10~12:30 J-Bonds.Over&ファンキーモンキーズ
○14:10~14:30 J☆Studio crew
○14:30~14:50 赤羽三線教室「三振隊」
一方、13時20分からは、玉こんにゃく100本が無料で振る舞われるとともに、新米の雪若丸とつや姫、荘内メロン、酒田ちゃ豆、庄内柿がゲットできるじゃんけん大会が行われ、太田昭宏議員、丸山至酒田市長、田村久義JA庄内みどり組合長、関根和孝北区地域振興部長が参加しました。
天候にも恵まれた「ふれあい酒田DAY」は、15時に無事終了しました。

市長らによるじゃんけん大会

☆総会・懇親会

第22回の総会・懇親会の会場は、北とぴあ13階の飛鳥ホール。11時30分から受付が始まり、12時前に所用をひかえた花川與惣太北区長のご挨拶がありました。12時からは、酒田出身で、アニメーション制作会社創業者で現在最高顧問の布川郁司さんによるトークショーが行われました。インタビューしたのは活弁士で司会を務める佐々木亜希子さんで、子供の頃から絵、芝居、映画が好きで、高校のときに将来の絵を描くことを仕事にすることを決意したことや、79年に製作会社を設立したことが語られました。布川さんは、会社設立の前は『いなかっぺ大将』『ヤッターマン』などを担当し、会社設立後は『ニルスのふしぎな旅』『うる星やつら』『NARUTO』などの代表アニメを世に送り出しました。2013年アニメ演出家を育成するためにNUNOANI塾を設立し、2018年度は文化庁長官表彰を受賞し、2019年には藍綬褒章を受けています。
12時40分から開始された総会は、本宮会長が議長となって議事が進行し、決算・予算案、事業案が原案どおりに承認されました。
次に、丸山至酒田市長、渡辺かつひろ北区議会議長、小松原俊酒田市議会議長、原田太吉山形県人連合会会長、太田昭宏衆議院議員が祝辞を述べ、総会が終了しました。
13時10分からの懇親会は、201年にJAみどり組合長に就任した田村久義さんによる乾杯のご発声により始まりました。桜井けいさんの歌謡ショーに続き、酒田の地酒、半澤画伯の絵画、ぴえろグッズなどの賞品を数多く取り揃えた大抽選会が行われ、会場は大きな歓声に包まれました。最後にふるさとを合唱し、15時中締めとなりました。

花川北区長の挨拶


布川郁司さんによるトークショー→


本宮会長の開会挨拶


丸山市長の祝辞


丸山市長が船凍イカを加工する
山形飛鳥の五十嵐代表取締役を紹介


太田議員の祝辞


小松原酒田市議会議長の祝辞


原田山形県人東京連合会会長の祝辞


桜井けい歌謡ショー →


「ふるさと」を唄う


佐藤やまがた育英会業務執行理事による中締めの挨拶


最後に万歳を三唱