市中山居の茶 2016

新着情報.

市中山居の茶 ―唐物・高麗物・和物―  2016

長次郎作「黒楽茶碗 銘・さび介」く酒田市指定文化財〉

長次郎作「黒楽茶碗 銘・さび介」く酒田市指定文化財〉



□会期:2016年 5月12日(木)〜6月21日(火)
□会場:本間美術館 酒田市御成町7−7
□ギャラリートーク:5月22日(日)11時~
□清遠閣茶会
第一部:5月15日(日) 皇風煎茶礼式
第二部:6月12日(日) 江戸千家不白会

茶碗や茶入に代表される茶の道具は、鎌倉時代に中国から禅宗の伝来とともに日本にもたらされた。当時の中国は日本にとって憧れの国であり、その高い技術を尽くした器は「唐物」と呼ばれ珍重された。
室町時代末期になると侘び寂びという新しい美意識が台頭し、大らかなつくりをした朝鮮の日用器や祭器が「高麗物」として人気を集める。そして、侘茶の概念が確立されると日本で専用の焼物、つまり国焼が誕生し、これを「和物」と呼んでいる。
本展では、本間家が財政支援の御礼として庄内藩や米沢藩などから拝領した由緒ある伝来の品を中心に、唐物・高麗物・和物に分類して展示する。

「高麗青磁象嵌平茶碗」〈山形県指定文化財〉

「高麗青磁象嵌平茶碗」〈山形県指定文化財〉